INFORMATIONお知らせ

現場レポート

2019.01.11(金)

マンションリノベの工事スタート

札幌市白石区菊水で中古マンションのリノベーション工事のご依頼を頂きました。

現在、部屋の中は既存の内装、壁、天井、床、設備機器とどんどん解体し、いわゆるスケルトンと言われている状態になっています。

 

マンション室内の解体

 

解体工事初日、まずは床が見えなくなるほど、ひたすら壊します。

今回水回り位置がだいぶ変わります。 大きく間取り変更も絡むため、リノベーションと言ってもいいのかなと思います。

数年前からマンションのリノベーションは流行ってるな~と思いつつも当社は、ほとんど戸建のリフォームや新築ばかりを手掛けていました。

中古マンションのリフォームも時々ありますが、ここまで解体しての工事はけっこう久しぶりです。

 

 

マンションの室内解体

 

ガス設備の撤去は、ガス会社さんで行わなければなりませんので、一旦ガス設備のみ残置している状態となりました。

この後、大工工事や電気、配管等の予定ですが、春先に向けて職人不足という状況に陥っています。

このスケルトン状態で、しばし工事中断に・・・

 

スケルトンになるまで

 

マンションリノベのスケルトン

 

そういえば、ここのマンションは築23年だったので住宅ローン控除も適用できます!

マンションリノベというと昭和50年代というイメージが強いのですが、築25年前ギリギリでのリノベもありかなと思います。

リノベと言ってもマンションの場合は構造体となる柱や梁はそのままですから、設備や断熱、デザインが変わるのみです。

つまり平成7年とか8年くらいに新築したマンションでリノベするということになります。

 

またこちらの工事も始まりましたら、現場レポートを上げていこうと思います。

そして住宅購入時のリフォームは、八城地建へご相談下さい。

 

この記事をシェアする

Category

Archive